あざ 病気 原因 治し方

あざが気になる悩み、病気、その原因と治し方

あざが気になる悩み、原因と治し方!あざで悩んでいる、あざが気になる悩みなどあざは人から見られたり、病気的な面を潜んでいたりして、心配になります。
実際にはどのような ”あざ” があるのでしょうか。
生まれたれてすぐに出てくる蒙古斑など(出生後消えるケーズもあります)、他に打ち身などで出来たあざ、皮膚の変色を伴うあざなどいろいろなあざの起きる原因があります。
あざの種類としては、青あざ、赤あざ、黒アザなど色も異なります。
ます、打ち身で出来るあざなどは皮膚の内出血でおきる一時的なあざになりますので、時間とともに減少して消えていく傾向があるために、よく言う時間薬で治ることが大きです。
しかし、悩みの多くは先天性のあざと後天性のあざがあり、悩みのタネはこの2種類が多くを占めていて、先天性のあざとは生まれてから皮膚に現れるあざや、生まれつきと言われる生まれた時にすでにあざができている状態との分類がなされています。
その中で、先天性のあざ、生まれつきのあざはには、青あざに分類され成長とともに消えていくものもあり、その言は先っほど述べた遺伝的な要素を含んでいて、皮膚内にメラニン色素が存在することで皮膚が青く見えている物を意味します。

スポンサーリンク

赤あざは皮膚内の毛細血管の増殖で起きるといわてていて、赤い色の色になっています。場合により盛り上がった状態まで進もこともあります。
他に、気をつけないといけないのが黒アザで、小さいものは俗に言う”ホクロ”と言われていますが、注意が必要なのは、ホクロが時間とともに大きくなってきたり、盛り上がった状態へ進むことが心配要素デス。
皮膚内のメラニン色素が増殖して起きる黒アザですが、紫外線などの直射日光なども影響して極稀に皮膚がんへの進行がありうることもあるのが黒アザになります。
黒アザが変化して大きくなってきたり、盛り上がったりした場合は、早期に専門医に相談を勧めいたします。
相談した結果が何もなければ、安心できますので気にしている方は是非一度いってみてはいかがでしょうか。
また、急に腕、あし、などのあざが出来ることもありますので、注意が必要です。
最近の医療技術も進歩していて、皮膚科や美容整形などかなりの改善ができる所まで来ています。
特に女性の方であれば尚さら気になると思いますので、独りで悩むのでなく相談てみます。
ストレスの無いようにすることで、日常生活にが楽になりますので、お薦めします。

スポンサーリンク